三船・高橋は裁判へ…「モラハラは何がアウト?」の最新事情

公開日:  更新日:

 パワハラやセクハラはよく聞くが、今度は「モラルハラスメント」(通称モラハラ)だ。三船美佳(32)が高橋ジョージ(56)と離婚を考えたのも、このモラハラが原因だとか。家庭や職場で蔓延するモラハラってなんだ?

 高橋ジョージは「浮気も暴力も一回もしてないのになぜ?」と妻の三くだり半に困惑しきりらしい。しかし、言葉の暴力による“モラハラ”は、立派な離婚理由になりうる。三船は高橋に「おまえは生きていく資格がない」などと人格を否定される暴言を吐かれ、愛想を尽かしたようだ。

 モラハラ解決カウンセラーの長谷川理子氏がこう解説する。

「パワハラやセクハラは犯罪性を伴いますが、モラハラの定義は難しく、一般的には言葉や態度による著しく道徳を欠いた行動と解釈されます」

 長谷川氏がカウンセリングした夫婦間の事例にはこんなものもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る