三船・高橋は裁判へ…「モラハラは何がアウト?」の最新事情

公開日: 更新日:

 パワハラやセクハラはよく聞くが、今度は「モラルハラスメント」(通称モラハラ)だ。三船美佳(32)が高橋ジョージ(56)と離婚を考えたのも、このモラハラが原因だとか。家庭や職場で蔓延するモラハラってなんだ?

 高橋ジョージは「浮気も暴力も一回もしてないのになぜ?」と妻の三くだり半に困惑しきりらしい。しかし、言葉の暴力による“モラハラ”は、立派な離婚理由になりうる。三船は高橋に「おまえは生きていく資格がない」などと人格を否定される暴言を吐かれ、愛想を尽かしたようだ。

 モラハラ解決カウンセラーの長谷川理子氏がこう解説する。

「パワハラやセクハラは犯罪性を伴いますが、モラハラの定義は難しく、一般的には言葉や態度による著しく道徳を欠いた行動と解釈されます」

 長谷川氏がカウンセリングした夫婦間の事例にはこんなものもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る