• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三船・高橋は裁判へ…「モラハラは何がアウト?」の最新事情

 休日に家族で遊園地へ楽しいドライブ。ところが、夫と子供はすでに車の中なのに、いつも妻だけ遅れてくる。「何やってんだ! 時間を守れよ」と夫が言った。

「これは典型的なモラハラの例です。妻は、家事を済ませ、子供の支度をしてから自分の支度に取り掛かるのでどうしても時間がかかる。化粧で遅れているわけではないのです」(長谷川氏)

 1回や2回の発言ですぐに抵触するわけではない。何度も繰り返すことがいけないのだ。

 他にも虫の居所が悪いとき、〈部屋のドアをバタンと閉める〉ことがあるが、これも行動によるモラハラだ。実際に暴力は働いていないが、“暴力的な行為”と見なされる。

■口臭ケアを怠っても「モラハラ」

 では、職場ではどうか? 何がモラハラに該当するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る