• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三船・高橋は裁判へ…「モラハラは何がアウト?」の最新事情

 休日に家族で遊園地へ楽しいドライブ。ところが、夫と子供はすでに車の中なのに、いつも妻だけ遅れてくる。「何やってんだ! 時間を守れよ」と夫が言った。

「これは典型的なモラハラの例です。妻は、家事を済ませ、子供の支度をしてから自分の支度に取り掛かるのでどうしても時間がかかる。化粧で遅れているわけではないのです」(長谷川氏)

 1回や2回の発言ですぐに抵触するわけではない。何度も繰り返すことがいけないのだ。

 他にも虫の居所が悪いとき、〈部屋のドアをバタンと閉める〉ことがあるが、これも行動によるモラハラだ。実際に暴力は働いていないが、“暴力的な行為”と見なされる。

■口臭ケアを怠っても「モラハラ」

 では、職場ではどうか? 何がモラハラに該当するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  7. 7

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る