「経済苦」が減って…自殺理由「仕事疲れ」が急増の深刻背景

公開日:  更新日:

 昨年1年間の全国の自殺者は2万5427人。一時は3万人超だったが、1998年以前の水準にまで減った。「経済・生活」が理由の自殺は09年比51%もの減だった。

 一方で見過ごせないのは、「仕事疲れ」による自殺の急増である。685人で昨年より36人増。「経済苦」は減っているわけだし、大手企業中心に給料が微増だから、職場は和やかな雰囲気になりそうなものだが、いったい何が起きているのか。

 人事コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

「良くも悪くも景気が変わる節目は、職場環境に“異変”が起きやすい。仕事が忙しくなり、上司の口調や顧客の扱いなど仕事のやり方が、荒っぽくなる。今回のように、景気が上向けば、ここぞとばかりに儲けようと、『イケイケどんどん』で高い目標をぶちあげる。例え賃金が上がっても、仕事のノルマについていけず、ストレスがたまるのです。うつ状態でなくても、突発的に電車に飛び込むケースは増えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る