リポーター迫文代さんお薦めの…<鎌倉>

公開日:  更新日:

 今回は「江戸東京」を少し離れての番外編。鎌倉に行ってきた。

 気に入ったのは、大佛次郎の茶廊近辺の、車一台通れるかどうかという路地。微妙なカーブで先が見えず、ドキドキする。寿福寺を通り過ぎた時に見えた細い川もいい。「となりのトトロ」を思い出す風景だ。

 そして、「丸七商店街」。鎌倉駅東口を出て右側に行くと目に入る。全体的に昭和の薫りが漂っている。実は夏、海辺で酒を飲むために鎌倉に時々来るのだが、シメの店と決めている立ち飲み屋「天昇」もここにある。刺し身がうまい。しかし残念ながら、本日はまだ開店前だった。ほかの店も、開いているのか閉まっているのか分からない寂しい雰囲気。

 この日は月曜日だったので、鎌倉の街は比較的すいていた。

「鎌倉に来る人はリピーターが多いんですよ。好きが高じて、鎌倉検定を取る方もいますからね」と話すのは、自宅の一角でカレー店「COPEPE(コペペ)」を開く迫文代さん。「なるほど!ザ・ワールド」のリポーターを務め、世界の各地を旅してきた迫さんは、鎌倉に住んで15年になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る