塩漬け肉のローストビーフ(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

公開日: 更新日:

「オーブンがなくても、家庭でもフライパンひとつで簡単にジューシーなローストビーフが作れます。付け合わせの菜の花も肉と一緒に焼いてしまえば、洗い物も増やしません」と和知さん。
 塩漬けにした塊肉を時間をかけて均一に焼き、アルミホイルをかぶせて15分蒸らすだけ。至ってシンプルだが、ポイントは塩漬け肉にあり。
「水分を抜いてうま味を凝縮させるには、できれば1日置いてください。塩の分量は1キロに対して16グラムが理想。霜降りの和牛より赤身の強い輸入肉の方が、おいしく仕上がります」
 そのままでも十分塩味でおいしいが、お好みでホースラディッシュ(西洋わさび)やわさび醤油もおすすめだ。

■材料 4人分
牛もも肉(ローストビーフ用)500グラム/塩8グラム/オリーブオイル大さじ1/ニンニク(輪切り)3枚/玉ねぎ(輪切り)1枚/タイム1枝/バター15グラム/菜の花1束/塩適量

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る