塩漬け肉のローストビーフ(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

公開日:  更新日:

「オーブンがなくても、家庭でもフライパンひとつで簡単にジューシーなローストビーフが作れます。付け合わせの菜の花も肉と一緒に焼いてしまえば、洗い物も増やしません」と和知さん。
 塩漬けにした塊肉を時間をかけて均一に焼き、アルミホイルをかぶせて15分蒸らすだけ。至ってシンプルだが、ポイントは塩漬け肉にあり。
「水分を抜いてうま味を凝縮させるには、できれば1日置いてください。塩の分量は1キロに対して16グラムが理想。霜降りの和牛より赤身の強い輸入肉の方が、おいしく仕上がります」
 そのままでも十分塩味でおいしいが、お好みでホースラディッシュ(西洋わさび)やわさび醤油もおすすめだ。

■材料 4人分
牛もも肉(ローストビーフ用)500グラム/塩8グラム/オリーブオイル大さじ1/ニンニク(輪切り)3枚/玉ねぎ(輪切り)1枚/タイム1枝/バター15グラム/菜の花1束/塩適量

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る