塩漬け肉のローストビーフ(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

公開日: 更新日:

「オーブンがなくても、家庭でもフライパンひとつで簡単にジューシーなローストビーフが作れます。付け合わせの菜の花も肉と一緒に焼いてしまえば、洗い物も増やしません」と和知さん。
 塩漬けにした塊肉を時間をかけて均一に焼き、アルミホイルをかぶせて15分蒸らすだけ。至ってシンプルだが、ポイントは塩漬け肉にあり。
「水分を抜いてうま味を凝縮させるには、できれば1日置いてください。塩の分量は1キロに対して16グラムが理想。霜降りの和牛より赤身の強い輸入肉の方が、おいしく仕上がります」
 そのままでも十分塩味でおいしいが、お好みでホースラディッシュ(西洋わさび)やわさび醤油もおすすめだ。

■材料 4人分
牛もも肉(ローストビーフ用)500グラム/塩8グラム/オリーブオイル大さじ1/ニンニク(輪切り)3枚/玉ねぎ(輪切り)1枚/タイム1枝/バター15グラム/菜の花1束/塩適量

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る