シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

NYでは入手困難 世界中で「塗り絵」が爆発的ヒットする理由

公開日:  更新日:

 ストレス解消にゴルフやお酒という人も多いと思いますが、アメリカでは意外な「癒やし」が大きな話題となっています。それは「塗り絵」です。

 アマゾンのベストセラー・チャートで、ヒット小説を押しのけて異例の大ヒットとなっているのが大人のための塗り絵「ひみつの花園」と続編「ねむれる森」。

 まるで細密画のような塗り絵の作者はイギリス人の20代の女性ジョアンナ・バスフォードさんで、「ひみつの花園」は昨年の秋ごろからまずフランス、イギリスを中心にヨーロッパで大ブレーク。日本語や韓国語を含めこれまでに世界22カ国語に翻訳され、140万部以上を売り上げるという、まさに地球を股にかけての現象的人気となりました。現在、ニューヨークでは、どこの本屋さんでも入手困難です。

「色を塗っているだけでとにかく癒やされる」というのが体験した人のコメントですが、では実際に塗り絵は癒やしになるのか? 専門誌「アート・セラピー・ジャーナル」の調査によれば、3つに分けた調査対象のひとつにはマンダラ模様、もうひとつに格子模様、最後のグループには何もない白紙を与え、色を塗ってもらったところ、模様に塗った人の「不安レベル」は約13%から17%軽減したのに比べ、白紙に塗った人の「不安レベル」はほとんど変わらなかったという結果に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る