「TENGA」開発者が拘ったのは“使い心地” 一晩で36個テストも

公開日: 更新日:

 10年前、元自動車整備工の松本光一氏が創業した「TENGA」。オブジェとして飾っても違和感のないデザイン性と究極の使い心地で、日本のみならず海外からも注目を集めるアダルトグッズメーカーだ。

 同社のデザイナー兼開発担当として活躍する遠藤海さん(29)。岩手大学で美術やデザインを学び、2008年に当時まだ無名だった同社に入社する。

「小さい頃から性に人一倍敏感でした。というか、人とは違っていたのかな。学生時代、男子同士でよくエッチな話で盛り上がりますけど、女子を猥雑化してヒソヒソやるのがパターン。その感覚が嫌で、むしろ性そのものに興味を持つようになり、大学でも性をテーマに研究しました。そんなこともあって、卒業する際、“性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく”というテンガの求人広告を見て、コレだ! とピンと来たんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る