「TENGA」開発者が拘ったのは“使い心地” 一晩で36個テストも

公開日:  更新日:

 10年前、元自動車整備工の松本光一氏が創業した「TENGA」。オブジェとして飾っても違和感のないデザイン性と究極の使い心地で、日本のみならず海外からも注目を集めるアダルトグッズメーカーだ。

 同社のデザイナー兼開発担当として活躍する遠藤海さん(29)。岩手大学で美術やデザインを学び、2008年に当時まだ無名だった同社に入社する。

「小さい頃から性に人一倍敏感でした。というか、人とは違っていたのかな。学生時代、男子同士でよくエッチな話で盛り上がりますけど、女子を猥雑化してヒソヒソやるのがパターン。その感覚が嫌で、むしろ性そのものに興味を持つようになり、大学でも性をテーマに研究しました。そんなこともあって、卒業する際、“性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく”というテンガの求人広告を見て、コレだ! とピンと来たんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る