• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヨーグリーナもヤリ玉に…「品切れ騒動」過熱の“真犯人”は?

「品切れ」の札をつけられた商品は、何となくほしくなる。清涼飲料水の「レモンジーナ」「ヨーグリーナ」に続き、腕時計端末「アップルウォッチ」も24日の発売直後から品切れになり、6月まで入荷待ちという。

 ネット上では、「品切れ商法はひどい」という批判も相次ぐが、決して珍しいことではない。

 東京の住みたい街ランキング5位の武蔵小杉は高層マンションが建設ラッシュ。「第1期即日完売御礼」「残り1戸」といった看板が目を引く。話題の水素車「MIRAI」は、今から注文しても納車は3年以上先だ。トヨタのHPには、「MIRAI納期目途に関するご案内」と丁重な詫び文が掲載されている。

 SBIモーゲージ・元取締役執行役員常務の横山信治氏が言う。

「いわゆる品薄商法は、米国から導入されたマーケティング手法です。価格帯や種類に関係なく、どんな商品にも応用されています。私が現役時代に携わった不動産でいうと、マンションは全戸一斉に売り出さずに、期間ごとに売り出し戸数を絞るのが常套手段。これも“品薄”を演出し、購入希望者の“買いたい欲求”を刺激するのです。古くは、社会問題にもなったドラクエ、最近では妖怪ウォッチも、こうしたマーケティングの一例といえ、決して無謀な手法ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る