ヨーグリーナもヤリ玉に…「品切れ騒動」過熱の“真犯人”は?

公開日: 更新日:

「品切れ」の札をつけられた商品は、何となくほしくなる。清涼飲料水の「レモンジーナ」「ヨーグリーナ」に続き、腕時計端末「アップルウォッチ」も24日の発売直後から品切れになり、6月まで入荷待ちという。

 ネット上では、「品切れ商法はひどい」という批判も相次ぐが、決して珍しいことではない。

 東京の住みたい街ランキング5位の武蔵小杉は高層マンションが建設ラッシュ。「第1期即日完売御礼」「残り1戸」といった看板が目を引く。話題の水素車「MIRAI」は、今から注文しても納車は3年以上先だ。トヨタのHPには、「MIRAI納期目途に関するご案内」と丁重な詫び文が掲載されている。

 SBIモーゲージ・元取締役執行役員常務の横山信治氏が言う。

「いわゆる品薄商法は、米国から導入されたマーケティング手法です。価格帯や種類に関係なく、どんな商品にも応用されています。私が現役時代に携わった不動産でいうと、マンションは全戸一斉に売り出さずに、期間ごとに売り出し戸数を絞るのが常套手段。これも“品薄”を演出し、購入希望者の“買いたい欲求”を刺激するのです。古くは、社会問題にもなったドラクエ、最近では妖怪ウォッチも、こうしたマーケティングの一例といえ、決して無謀な手法ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る