• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鶏カラ×ビール」神話崩壊…ではベストマッチなお酒は何?

 居酒屋では「とりあえずビール」がお決まりのビジネスマンには、ちょっと信じられない話だ。ビールには鉄板ツマミの「鶏の唐揚げ」とベストマッチなお酒は、実はチューハイだったということが、味覚分析で明らかになったからだ。

 調査を行ったのは、食品味覚分析で知られるAISSY株式会社の“味博士”こと鈴木隆一氏で、1月27日に実施した。

 鶏の唐揚げとの相性比較に用いたお酒は4種類。果皮のほろ苦さがビールの苦みを彷彿とさせ“ザッツ缶チューハイ”ともいえる「キリンチューハイビターズ」(ほろにがグレープフルーツ味、ほろにがレモンライム味、スパイシージンジャー味)の3種と、大手ビールメーカー4社の缶ビールの「平均値」だ。

 AISSYの味覚センサーを使って「5つの基本味」(甘味・塩味・酸味・苦味・うま味)に分解し、食べ合わせを数値化すると、もっとも相性が良かったのは「ビターズ」のほろにがグレープフルーツ味で相性度は98.7点。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る