「鶏カラ×ビール」神話崩壊…ではベストマッチなお酒は何?

公開日: 更新日:

 居酒屋では「とりあえずビール」がお決まりのビジネスマンには、ちょっと信じられない話だ。ビールには鉄板ツマミの「鶏の唐揚げ」とベストマッチなお酒は、実はチューハイだったということが、味覚分析で明らかになったからだ。

 調査を行ったのは、食品味覚分析で知られるAISSY株式会社の“味博士”こと鈴木隆一氏で、1月27日に実施した。

 鶏の唐揚げとの相性比較に用いたお酒は4種類。果皮のほろ苦さがビールの苦みを彷彿とさせ“ザッツ缶チューハイ”ともいえる「キリンチューハイビターズ」(ほろにがグレープフルーツ味、ほろにがレモンライム味、スパイシージンジャー味)の3種と、大手ビールメーカー4社の缶ビールの「平均値」だ。

 AISSYの味覚センサーを使って「5つの基本味」(甘味・塩味・酸味・苦味・うま味)に分解し、食べ合わせを数値化すると、もっとも相性が良かったのは「ビターズ」のほろにがグレープフルーツ味で相性度は98.7点。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る