• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【そば処 築地長生庵】「冷やし鴨南蛮」生み出した初代の遺志

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は、朝も昼も夜も築地っ子が集まるこちらです。

 1972年創業、今はなき築地のそば店「長寿庵」から独立した先代の松本好生さんが、「地元で愛されるそば屋」を目指して始めたこちら。朝昼晩と、お客さんが途切れることのない人気店で、ランチ時は行列も当たり前。一杯ひっかけて気持ち良さそうになっている魚河岸のオッチャンや近所のおばさん、界隈のビジネスマンが入れ代わり立ち代わり訪れます。

 1年前に初代が亡くなり、現在は写真左から長男の松本聰一郎さん(40)と母親の照代さん(65)、次男の憲明さん(38)の3人が一丸となって、切り盛りしています。

 そば粉は北海道産と長野産のブレンド。もち豚がドドーンと鎮座したカレー蕎麦(1300円)や、趣向を凝らした鮪赤身漬け丼(1050円)など新しいメニューも増えていますが、何といってもおすすめは、先代が考案したレシピで作る冷やし鴨南蛮(1350円=写真)。ちょいと山椒をかけてから、炒めた鴨とナス、長ネギと一緒にそばを手繰れば、もう箸は止まりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る