【そば処 築地長生庵】「冷やし鴨南蛮」生み出した初代の遺志

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は、朝も昼も夜も築地っ子が集まるこちらです。

 1972年創業、今はなき築地のそば店「長寿庵」から独立した先代の松本好生さんが、「地元で愛されるそば屋」を目指して始めたこちら。朝昼晩と、お客さんが途切れることのない人気店で、ランチ時は行列も当たり前。一杯ひっかけて気持ち良さそうになっている魚河岸のオッチャンや近所のおばさん、界隈のビジネスマンが入れ代わり立ち代わり訪れます。

 1年前に初代が亡くなり、現在は写真左から長男の松本聰一郎さん(40)と母親の照代さん(65)、次男の憲明さん(38)の3人が一丸となって、切り盛りしています。

 そば粉は北海道産と長野産のブレンド。もち豚がドドーンと鎮座したカレー蕎麦(1300円)や、趣向を凝らした鮪赤身漬け丼(1050円)など新しいメニューも増えていますが、何といってもおすすめは、先代が考案したレシピで作る冷やし鴨南蛮(1350円=写真)。ちょいと山椒をかけてから、炒めた鴨とナス、長ネギと一緒にそばを手繰れば、もう箸は止まりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る