【築地すし大 本館】普段使いしたい愚直な江戸前寿司

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は寿司激戦地にして、連日行列をなす人気店です。

 界隈でこの寿司店を知らない人はモグリ、と言っても過言ではない。食事時ともなれば店先に行列ができる有名店がこちらです。

 寿司ひと筋25年以上、同店勤続4年という店長の中村直樹さん(44)が「初めて店に立った時、なんてお客さまが多いんだと驚きました」と振り返るのもナットク。平日で平均200人が訪れるそうです。その中には同業者も多く、銀座の某高級寿司店で働く職人さんや和食の板前さん、市場関係者が仕事帰りにチョイとつまんでいくのだとか。

 勝どき橋のたもとに創業したのは2002年。近隣に別館と新館、そして銀座、千葉とグループ全体で計5店舗。ちなみに場内に名前が酷似する寿司店がありますが、関係ないのであしからず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る