【築地すし大 本館】普段使いしたい愚直な江戸前寿司

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は寿司激戦地にして、連日行列をなす人気店です。

 界隈でこの寿司店を知らない人はモグリ、と言っても過言ではない。食事時ともなれば店先に行列ができる有名店がこちらです。

 寿司ひと筋25年以上、同店勤続4年という店長の中村直樹さん(44)が「初めて店に立った時、なんてお客さまが多いんだと驚きました」と振り返るのもナットク。平日で平均200人が訪れるそうです。その中には同業者も多く、銀座の某高級寿司店で働く職人さんや和食の板前さん、市場関係者が仕事帰りにチョイとつまんでいくのだとか。

 勝どき橋のたもとに創業したのは2002年。近隣に別館と新館、そして銀座、千葉とグループ全体で計5店舗。ちなみに場内に名前が酷似する寿司店がありますが、関係ないのであしからず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る