【築地市場 問屋おすすめたまご】築地ブランドの卵を作りました!

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は、築地市場の卵問屋が売り出す、とっておきのひと玉――。

 GW明けにも「築地」の名前を冠した卵が本格的に発売されるという情報をキャッチ! その名も「築地市場 問屋おすすめたまご」――ちょっぴり長いネーミングですが、そこはご愛嬌です。試行錯誤の末、愚直につくられた証しですから。

 販売するのは、場内で唯一の農水省指定の卵の卸売会社「東京中央鳥卵株式会社」。1951年設立の「戸田鶏卵」のグループ会社で、東京五輪(1964年)の選手村に卵を納入し、選手たちの胃袋や筋肉を支えました。

 鶏卵は主に東日本エリアにある複数の農場から入荷していて、その量は1日に30トン。利便性を重視した生液卵や冷凍卵といった加工品も取り扱っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る