【築地市場 問屋おすすめたまご】築地ブランドの卵を作りました!

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は、築地市場の卵問屋が売り出す、とっておきのひと玉――。

 GW明けにも「築地」の名前を冠した卵が本格的に発売されるという情報をキャッチ! その名も「築地市場 問屋おすすめたまご」――ちょっぴり長いネーミングですが、そこはご愛嬌です。試行錯誤の末、愚直につくられた証しですから。

 販売するのは、場内で唯一の農水省指定の卵の卸売会社「東京中央鳥卵株式会社」。1951年設立の「戸田鶏卵」のグループ会社で、東京五輪(1964年)の選手村に卵を納入し、選手たちの胃袋や筋肉を支えました。

 鶏卵は主に東日本エリアにある複数の農場から入荷していて、その量は1日に30トン。利便性を重視した生液卵や冷凍卵といった加工品も取り扱っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る