【築地不動産サービス】 魚河岸の男が始めました

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は不動産と場外の歴史にまつわるお話――。

 1988年創業、マンションの賃貸・売買をはじめ、店舗、事務所、倉庫、駐車場まで幅広く対応してくれるのがこちら。新大橋通り沿いにある「築地不動産サービス」さんです。界隈では後発の不動産屋さんですが、「各町内会の役員さんからは“さわやか不動産”と呼ばれて親しまれている(笑い)」(地元の事情通)のだそう。でもまあ、それもそのはず。不動産屋としては新参者でも、街との関わりは古くから。築地らしい創業エピソードもあるそうで……。

「父親はもともと河岸の人間。場内の仲卸で働き、主にマグロを扱っていました」とは、役員の吉田剛士さん(33)。河岸の男が何でまた――詳しく教えてください。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る