【築地不動産サービス】 魚河岸の男が始めました

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は不動産と場外の歴史にまつわるお話――。

 1988年創業、マンションの賃貸・売買をはじめ、店舗、事務所、倉庫、駐車場まで幅広く対応してくれるのがこちら。新大橋通り沿いにある「築地不動産サービス」さんです。界隈では後発の不動産屋さんですが、「各町内会の役員さんからは“さわやか不動産”と呼ばれて親しまれている(笑い)」(地元の事情通)のだそう。でもまあ、それもそのはず。不動産屋としては新参者でも、街との関わりは古くから。築地らしい創業エピソードもあるそうで……。

「父親はもともと河岸の人間。場内の仲卸で働き、主にマグロを扱っていました」とは、役員の吉田剛士さん(33)。河岸の男が何でまた――詳しく教えてください。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る