【築地不動産サービス】 魚河岸の男が始めました

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は不動産と場外の歴史にまつわるお話――。

 1988年創業、マンションの賃貸・売買をはじめ、店舗、事務所、倉庫、駐車場まで幅広く対応してくれるのがこちら。新大橋通り沿いにある「築地不動産サービス」さんです。界隈では後発の不動産屋さんですが、「各町内会の役員さんからは“さわやか不動産”と呼ばれて親しまれている(笑い)」(地元の事情通)のだそう。でもまあ、それもそのはず。不動産屋としては新参者でも、街との関わりは古くから。築地らしい創業エピソードもあるそうで……。

「父親はもともと河岸の人間。場内の仲卸で働き、主にマグロを扱っていました」とは、役員の吉田剛士さん(33)。河岸の男が何でまた――詳しく教えてください。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る