「カゴメトマトケチャップ」がメニュー提案に活路見出す理由

公開日: 更新日:

 洋食文化の本格的発展とともにトップブランドに成長。現在は「ハーフ」や「プレミアム(今年3月発売)」なども揃えているが、健康によいとされる赤い成分“リコペン”をたっぷり含む完熟トマトを主原料に、自然素材にこだわるカゴメのトマトケチャップは、もともとヘルシーな調味料ゆえバリエーションをつけるのが難しい。となれば訴求ポイントはやっぱりメニュー。今年は減塩を狙った和食(肉じゃがや豚汁など)を提案している。

「醤油や味噌の半分をトマトケチャップに置き換えれば約3割減塩できる。トマトにはうま味成分“グルタミン酸”が凝縮されている。だから塩分少なめでも十分おいしい」(仲村氏)

 一方、国民的洋食となったオムライスやナポリタンは幾度となくブームが到来。いまはオムライスの波が来ているという。

「黄色いオムライスに真っ赤なトマトケチャップで文字(メッセージ)を書く。昔から提案してきたことだが、SNSの普及で、これまでにない盛り上がりを見せている」(仲村氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る