【いすゞ自動車】年功風土ながらやる気ある若手を登用

公開日:  更新日:

「業績は伸び悩んでいますが、堅実経営で給与も安定しているのが魅力ですかね。年功序列の賃金体系ですし、若い人には物足りないところがあるかもしれませんが、住めば都で居心地は悪くないと思います」

 こう語るのはいすゞ自動車のMさん(35)。14年3月期は円安効果も手伝い大幅な増収増益を達成したが、15年3月期は売上高こそアップしたが、営業利益は減益となった。

 今年の春闘では、ベア3800円。ボーナスも満額の6カ月を獲得した(組合員平均)。

 Mさんの基本給は36万円。これに妻の扶養手当1万4800円、子ども手当2200円がつく。それに残業代等が約5万円。月給は約43万円だ。今年のボーナスは200万円超だから、年収は約720万円を見込む。

「ボーナスが上がるのはうれしいですね。共働きしていた妻が育児中なので助かります。マイホームを建てる計画なので、その資金に回そうと考えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る