• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【いすゞ自動車】年功風土ながらやる気ある若手を登用

「業績は伸び悩んでいますが、堅実経営で給与も安定しているのが魅力ですかね。年功序列の賃金体系ですし、若い人には物足りないところがあるかもしれませんが、住めば都で居心地は悪くないと思います」

 こう語るのはいすゞ自動車のMさん(35)。14年3月期は円安効果も手伝い大幅な増収増益を達成したが、15年3月期は売上高こそアップしたが、営業利益は減益となった。

 今年の春闘では、ベア3800円。ボーナスも満額の6カ月を獲得した(組合員平均)。

 Mさんの基本給は36万円。これに妻の扶養手当1万4800円、子ども手当2200円がつく。それに残業代等が約5万円。月給は約43万円だ。今年のボーナスは200万円超だから、年収は約720万円を見込む。

「ボーナスが上がるのはうれしいですね。共働きしていた妻が育児中なので助かります。マイホームを建てる計画なので、その資金に回そうと考えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る