【ホンダ】社員が有給20日間をほぼ100%消化

公開日:  更新日:

 入社4年目の社員が責任者となり開発されたホンダS660が試乗が困難になるほどの人気ぶり。若手登用の同社で管理職として勤務するAさん(38)の年収は800万円。自動車メーカーとしてはいい方だという。

「組合の力が強く給与は安定しています。基本的には年功序列で30歳くらいまでは500万円くらいに抑えられ、役職が付けば一気に100万円くらい上がりますね。逆にスゴイ仕事ができてもほとんど差はありません。学歴による格差も比較的少ないと思います」と語るAさん。

 自動車購入補助や工場敷地内のジムやプールが無料、300円ほどで社食が食べられるなど福利厚生も充実している。

「車はモデルチェンジ時が買い時。旧モデルはかなりお安くなりますね。完全週休2日で有休の20日は100%消化するよう言われます。定時退社もうるさく言われますし、分業化が進んでいるのでワークライフバランスは取りやすいですね。女子社員は少ないですが、フレックスや時短を使い、産休後も働く人が多いようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る