• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ホンダ】社員が有給20日間をほぼ100%消化

 入社4年目の社員が責任者となり開発されたホンダS660が試乗が困難になるほどの人気ぶり。若手登用の同社で管理職として勤務するAさん(38)の年収は800万円。自動車メーカーとしてはいい方だという。

「組合の力が強く給与は安定しています。基本的には年功序列で30歳くらいまでは500万円くらいに抑えられ、役職が付けば一気に100万円くらい上がりますね。逆にスゴイ仕事ができてもほとんど差はありません。学歴による格差も比較的少ないと思います」と語るAさん。

 自動車購入補助や工場敷地内のジムやプールが無料、300円ほどで社食が食べられるなど福利厚生も充実している。

「車はモデルチェンジ時が買い時。旧モデルはかなりお安くなりますね。完全週休2日で有休の20日は100%消化するよう言われます。定時退社もうるさく言われますし、分業化が進んでいるのでワークライフバランスは取りやすいですね。女子社員は少ないですが、フレックスや時短を使い、産休後も働く人が多いようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る