• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大東建託】「成果主義」20代で年収2000万円も

「会社は増収増益で絶好調なのですが、給与や昇格は完全実力主義です。とくに営業職は年齢に関係なく給与の格差は大きいですね。体育会的雰囲気のある会社で、後輩の面倒見はよいです」

 こう語るのは大東建託のTさん(38)。アパート・マンションなどの賃貸物件の販売では業界最大手。2015年3月期の連結売上高は約1兆3532億円。利益ともに過去最高で7期連続の増収増益を達成した。

「飛び込み営業が主体なので物件の契約をとるのはなかなか大変です。3カ月に1つでも大口の契約をとれば20代でも軽く年収1000万円は超えます。逆にとれないと基本給に毛が生えた程度の年収しかもらえない。入社2~3年目で昇進するかどうかがはっきりします」

 入社4年目で支店の課長、6年目の支店長もいるという。実際に20代の営業職には年収2000万円近い社員もいれば低いと400万円弱の社員もいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る