【大東建託】「成果主義」20代で年収2000万円も

公開日: 更新日:

「会社は増収増益で絶好調なのですが、給与や昇格は完全実力主義です。とくに営業職は年齢に関係なく給与の格差は大きいですね。体育会的雰囲気のある会社で、後輩の面倒見はよいです」

 こう語るのは大東建託のTさん(38)。アパート・マンションなどの賃貸物件の販売では業界最大手。2015年3月期の連結売上高は約1兆3532億円。利益ともに過去最高で7期連続の増収増益を達成した。

「飛び込み営業が主体なので物件の契約をとるのはなかなか大変です。3カ月に1つでも大口の契約をとれば20代でも軽く年収1000万円は超えます。逆にとれないと基本給に毛が生えた程度の年収しかもらえない。入社2~3年目で昇進するかどうかがはっきりします」

 入社4年目で支店の課長、6年目の支店長もいるという。実際に20代の営業職には年収2000万円近い社員もいれば低いと400万円弱の社員もいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

もっと見る