じゅんさいの土佐酢ジュレ(教える人:山西和文さん「銀座 朱雀」)

公開日: 更新日:

 数年前に“ドレッシングの革命”といわれ、一大ブームを巻き起こした、ふるふる揺れるポン酢ジュレ。

 ポン酢をゼラチンでゼリー状にしただけという手軽さに加え、料理が水っぽくならず、キラキラとした見た目の華やかさが大いに受けた。

 そんなポン酢ジュレを山西さんは、三杯酢にかつお節を加えてうま味や香りをプラスした土佐酢でアレンジ。

「三杯酢より酢のクセがなく、だしのうま味も加わるので、もずくやじゅんさいのほか、白身魚のお刺し身にもよく合います。レタスサラダのドレッシングにしても」

 ちみなに「土佐」の名前が使われるのは、かつおだしを使うからだ。

■材料(4人分)
じゅんさい適量/ウニ適量/板ゼラチン(なければ粉ゼラチン)約5グラム

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る