豚スペアリブの南蛮漬け(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

公開日:  更新日:

 甘酸っぱくてさっぱりした南蛮漬けは、食欲が落ちてくる梅雨から夏にかけてぴったりのメニュー。定番はアジだが、男なら豚のスペアリブで。カリッと香ばしく揚げ焼きにするとジューシーでうま味も濃くなる。

「ポイントはきちんと計量した塩で下味をつけることと、油が低温のうちから肉を入れて揚げ焼きにすること。そうすると、肉の表面が程よく色づいたときには、中までちゃんと火が入っています」と和知さん。

 ボリューム感はあるがさっぱりだから、酒のつまみにもご飯のおかずにもなる。さらには、「骨をはずして、そのままソーメンにかけてもおいしいですよ」。

 ぜひお試しを。

■材料(4人分)
豚スペアリブ500グラム/塩6グラム/こしょう適量/小麦粉適量/サラダ油300ミリリットル/イタリアンパセリ適量/玉ねぎ1個/ニンジン1/2本/ニンニク2片/赤唐辛子2本/オリーブ10粒/米酢300ミリリットル/グラニュー糖大さじ5

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る