• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ガチで婚活始めた女性ジャーナリストが見た「中年婚活事情」

 昨年、「開高健ノンフィクション大賞」を受賞した気鋭のジャーナリスト、黒川祥子氏は現在55歳。バツ2の彼女は、女手ひとつで息子2人を育ててきた。下の息子が大学に入り、手が離れた今、猛烈に欲しいのは「一緒に過ごし、支えてくれる特別な男性。ロマンス」だという。

 そこで始めたのが「ガチの婚活」だ。「38歳の離婚以来、男ナシ歴を毎年更新。ここ3年は“事故”すらない」という自分を奮い立たせ、バツイチ再婚活パーティー、婚活居酒屋、婚活アドバイザー獲得、婚活スナック、合同お見合い会、結婚相談所を軒並み経験。その結果、痛感したことがいくつかある。

「若いころはなんでも許されるけど、この年代になると違う。中年以上で婚活する女性は、私がそうであるように、これからの人生を共に楽しんで過ごせる相手が欲しい。だから、優しさや気配りの有無などを見ます。しかし男性の大半は、いくつになっても“若さ”を重要視する」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る