ガチで婚活始めた女性ジャーナリストが見た「中年婚活事情」

公開日:  更新日:

 昨年、「開高健ノンフィクション大賞」を受賞した気鋭のジャーナリスト、黒川祥子氏は現在55歳。バツ2の彼女は、女手ひとつで息子2人を育ててきた。下の息子が大学に入り、手が離れた今、猛烈に欲しいのは「一緒に過ごし、支えてくれる特別な男性。ロマンス」だという。

 そこで始めたのが「ガチの婚活」だ。「38歳の離婚以来、男ナシ歴を毎年更新。ここ3年は“事故”すらない」という自分を奮い立たせ、バツイチ再婚活パーティー、婚活居酒屋、婚活アドバイザー獲得、婚活スナック、合同お見合い会、結婚相談所を軒並み経験。その結果、痛感したことがいくつかある。

「若いころはなんでも許されるけど、この年代になると違う。中年以上で婚活する女性は、私がそうであるように、これからの人生を共に楽しんで過ごせる相手が欲しい。だから、優しさや気配りの有無などを見ます。しかし男性の大半は、いくつになっても“若さ”を重要視する」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る