夏野菜のトルコ風煮込み(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

公開日:  更新日:

「サッと火を通して野菜の食感を楽しむ日本料理の煮物もおいしいですが、野菜をクタクタになるまでじっくり火を通すからこそのおいしさもあるんです」

 和知さんが今回教えてくれたのは、夏野菜のトルコ風煮込み。野菜の洋風煮込みといえば、フランスのラタトゥイユやイタリアのカポナータがお馴染みだが、トルコ風はシチリアのカポナータの原型だとか。

 ポイントはレーズンにシナモン、クミンといったスパイスを使うこと。それだけで一気にエキゾチックな煮込みになる。

「じっくり煮込みつつも、なすの存在感を残したいので、切り方にもこだわります」

 温かいままでももちろん、冷たくしても美味。

■材料(4人分)
なす400グラム/玉ねぎ2個/にんにく2片/トマト2個/レーズン大さじ2/シナモンパウダー小さじ1/クミンパウダー小さじ1/塩4つまみ/オリーブオイル大さじ5/イタリアンパセリ適量

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る