• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“天才”の名を自ら傷つけ…安藤忠雄「赤裸々会見」に心配の声

「わしも聞きたいねん」――。巨匠の今後が心配になってくる発言ばかりだった。

 莫大な工事費が問題となっている新国立競技場について、16日会見した建築家の安藤忠雄氏(73)。デザイン選考で審査委員長を務めた巨匠の発言に注目が集まった。明るい関西弁で持論を展開し、会場からは時折笑いも起こり、終始なごやかなムードを演出したのは、世界のアンドウのなせる業だろう。

「2520億円と聞いて『えーっ』と思った」
「アーチが700億円だというのは、新聞で見た」

 巨匠でも、今回の問題は未知の世界だったようだ。巨大アーチが問題となっているザハ氏の案についても「残してほしい」と、こだわりをみせた。

■建築家の社会的地位を貶めることに

 だが、これまで日本の建築界をリードしてきた人物の発言だけに、業界では心配の声もあがっている。新国立について当初から見直しを訴えてきた世界的建築家の槇文彦氏らのグループのひとりはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る