“天才”の名を自ら傷つけ…安藤忠雄「赤裸々会見」に心配の声

公開日:  更新日:

「わしも聞きたいねん」――。巨匠の今後が心配になってくる発言ばかりだった。

 莫大な工事費が問題となっている新国立競技場について、16日会見した建築家の安藤忠雄氏(73)。デザイン選考で審査委員長を務めた巨匠の発言に注目が集まった。明るい関西弁で持論を展開し、会場からは時折笑いも起こり、終始なごやかなムードを演出したのは、世界のアンドウのなせる業だろう。

「2520億円と聞いて『えーっ』と思った」
「アーチが700億円だというのは、新聞で見た」

 巨匠でも、今回の問題は未知の世界だったようだ。巨大アーチが問題となっているザハ氏の案についても「残してほしい」と、こだわりをみせた。

■建築家の社会的地位を貶めることに

 だが、これまで日本の建築界をリードしてきた人物の発言だけに、業界では心配の声もあがっている。新国立について当初から見直しを訴えてきた世界的建築家の槇文彦氏らのグループのひとりはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る