“天才”の名を自ら傷つけ…安藤忠雄「赤裸々会見」に心配の声

公開日: 更新日:

「わしも聞きたいねん」――。巨匠の今後が心配になってくる発言ばかりだった。

 莫大な工事費が問題となっている新国立競技場について、16日会見した建築家の安藤忠雄氏(73)。デザイン選考で審査委員長を務めた巨匠の発言に注目が集まった。明るい関西弁で持論を展開し、会場からは時折笑いも起こり、終始なごやかなムードを演出したのは、世界のアンドウのなせる業だろう。

「2520億円と聞いて『えーっ』と思った」
「アーチが700億円だというのは、新聞で見た」

 巨匠でも、今回の問題は未知の世界だったようだ。巨大アーチが問題となっているザハ氏の案についても「残してほしい」と、こだわりをみせた。

■建築家の社会的地位を貶めることに

 だが、これまで日本の建築界をリードしてきた人物の発言だけに、業界では心配の声もあがっている。新国立について当初から見直しを訴えてきた世界的建築家の槇文彦氏らのグループのひとりはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  10. 9

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  11. 10

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

もっと見る