アナタの会社にもいる 「礒崎補佐官型エリート」の“トリセツ”

公開日: 更新日:

「この男、頭の中はどうなってるの?」――。答弁にクビをひねった人もいるだろう。3日の参院の安保法制特別委員会に参考人として出席した礒崎陽輔首相補佐官。地元・大分の講演会で「法的安定性は関係ない」と言い放ちながら、この日は「もとより私は法的安定性が重要であることを認識しております」と言い切った。コペルニクス的転回である。

 地元関係者によると、礒崎補佐官の失言癖は有名だという。

「初立候補のとき、消えた年金問題について“大したことはない”と演説して失笑を買ったし、先日はツイッターに『(立憲主義は)学生時代の憲法講義では聴いたことがありません。昔からある学説なのでしょうか』と書き込んだ。思いついた言葉をそのまま発信してしまうのです。法的安定性発言だって、聴衆に質問されたわけでもないのに、自分からしゃべってボロを出しました」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る