コツは「お気に入り」リピート…トラブルで賢く得する交渉術

公開日:  更新日:

 購入した商品に満足できない、サービスが対価に見合わない――。そんな理由で企業にクレームを入れたものの、ぞんざいな扱いを受けてブチ切れた経験がある人は少なくないだろう。実際、全国の消費生活センターなどに寄せられた消費生活相談件数は94.4万件(2014年度)にのぼる。詐欺まがいの悪徳企業の被害事例が一部に含まれるが、マトモなはずの企業に苦情を伝えてもラチがあかず、消費生活センターに駆け込むケースも珍しくない。

 クレーム対策をコンサルティングするエビデンサー(証拠調査士)の平塚俊樹氏はこう言う。

「正直言って、日本企業の顧客対応はなっていません。お客さまの話をロクに聞かず、門前払いのような扱いをしたことで、良心的な顧客がモンスタークレーマーに化けてしまうケースがかなりあるんです。いい加減な対応に怒りが込み上げることがあるかもしれませんが、粘り強く主張を伝えた方がいいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る