コツは「お気に入り」リピート…トラブルで賢く得する交渉術

公開日:  更新日:

 購入した商品に満足できない、サービスが対価に見合わない――。そんな理由で企業にクレームを入れたものの、ぞんざいな扱いを受けてブチ切れた経験がある人は少なくないだろう。実際、全国の消費生活センターなどに寄せられた消費生活相談件数は94.4万件(2014年度)にのぼる。詐欺まがいの悪徳企業の被害事例が一部に含まれるが、マトモなはずの企業に苦情を伝えてもラチがあかず、消費生活センターに駆け込むケースも珍しくない。

 クレーム対策をコンサルティングするエビデンサー(証拠調査士)の平塚俊樹氏はこう言う。

「正直言って、日本企業の顧客対応はなっていません。お客さまの話をロクに聞かず、門前払いのような扱いをしたことで、良心的な顧客がモンスタークレーマーに化けてしまうケースがかなりあるんです。いい加減な対応に怒りが込み上げることがあるかもしれませんが、粘り強く主張を伝えた方がいいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る