コツは「お気に入り」リピート…トラブルで賢く得する交渉術

公開日: 更新日:

 購入した商品に満足できない、サービスが対価に見合わない――。そんな理由で企業にクレームを入れたものの、ぞんざいな扱いを受けてブチ切れた経験がある人は少なくないだろう。実際、全国の消費生活センターなどに寄せられた消費生活相談件数は94.4万件(2014年度)にのぼる。詐欺まがいの悪徳企業の被害事例が一部に含まれるが、マトモなはずの企業に苦情を伝えてもラチがあかず、消費生活センターに駆け込むケースも珍しくない。

 クレーム対策をコンサルティングするエビデンサー(証拠調査士)の平塚俊樹氏はこう言う。

「正直言って、日本企業の顧客対応はなっていません。お客さまの話をロクに聞かず、門前払いのような扱いをしたことで、良心的な顧客がモンスタークレーマーに化けてしまうケースがかなりあるんです。いい加減な対応に怒りが込み上げることがあるかもしれませんが、粘り強く主張を伝えた方がいいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る