• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秋の長雨で部屋干しも…「洗濯物」早く乾かす大事なポイント

 秋の長雨や仕事の忙しさで、ついつい夜に洗濯、そのまま部屋干しなんてことも。そんな時、ふと思った。洗濯物が乾くのに日光は大事、ならば部屋の明かりもつけておいたほうがいいのか? と。

 ライオン株式会社の“お洗濯マイスター”の山縣義文さんによると「洗濯物を乾かすのに必要なのは温度、湿度、風の3つ。光は直接的には関係ありません」。

 温度は高く、湿度は低い方が、水が蒸発しやすいのはご承知の通り。風が重要なのは、濡れた洗濯物の表面は蒸発した水分で覆われており、局部的に湿度が高い状態にあるため、新鮮な(湿度の低い)空気を送ることで、洗濯物の表面の湿度を下げることができるからだ。

「部屋の電灯も多少熱を発しますが、室温を上げるほどではありません。夜干しするときは暗くしても大丈夫ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事