怒り湧いたら6秒待つ 「アンガ―マネジメント」専門家が指南

公開日:  更新日:

 読んで字のごとく、怒り(アンガー)を管理(マネジメント)する技術。三井物産や日本交通などが社員研修に取り入れ、プロゴルファーの片山晋呉や、元サッカー日本代表で2年前に暴行事件を起こした前園真聖も取得。前園は芸能界に復帰した後も順調だ。

 もともとはアメリカ発祥の心理トレーニング術。いったいどのようなものなのか。日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介氏に聞いた。

「怒らないのではなく、怒るべき時は怒る、怒らなくていい時は怒らないなど、怒りを区別できるようになるのが目的。そのための方法は主に2つあります」

 1つ目は怒りを「記録」すること。頭にきたら、その内容をメモに残しておく。その際、怒りの度合いを10段階で記すのがコツだ。

「1週間たってメモを見直すと、自分がどのような時に、どれくらい怒っているか分かります。傾向が分かれば対策も練れるというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る