• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【牛めし なんどき屋】ネオン街の片隅で愛されて50年!

(C)日刊ゲンダイ

 新橋駅から銀座へと向かう、外堀通りの高速高架下で暖簾を下げて約50年の老舗。開け放たれた引き戸の向こうでは、昼下がりの陽光を背に一杯ひっかけている常連さんがいる。

 大正2年生まれの創業者は、ねずみ年生まれの女将美枝子さんの義父。
<…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事