愛車は国産ミニバン ノーベル賞・大村教授の質素すぎる生活

公開日:  更新日:

 北里大の関係者は東京都世田谷区に足を向けて寝られないだろう。

 ノーベル医学・生理学賞を受賞した同大の大村智特別栄誉教授(80)は、「自分が食べるだけで十分」と、特許料で得た計約250億円のほとんどを北里研究所の“再建”に回していたという。

 その額と比べたら、私生活は質素だ。長女と2人で住んでいるという大村氏の世田谷区の自宅は、敷地約261平方メートルで「土地は1億2000万円」(地元業者)、自宅にある車も新車で200万円程度の国産1台。自宅には立派な門があるとはいえ、周辺と比べ、大きさや装飾が特段、目立つような家ではなかった。

 近隣住民が言う。

「家のことはお手伝いさんに任せているようですが、本当に普通の庶民という印象です。(約15年前に病死した)奥さんもつましい人だったし、大村先生も派手な生活をしている様子はまったくありません。たまに近所のパン屋で200円ぐらいのフランスパンを買ってくる姿なんかを見かけますが、最近は生まれ故郷の山梨県韮崎市にいることが多いようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る