ハラル認証開示で集客 ムスリム「インバウンド対策」急成長中

公開日:  更新日:

 ここ数年、訪日外国人の数が伸び続けている。中国人の爆買いブーム、東南アジアバブルによる観光客の増加などが背景にあるが、政府観光局によると、昨年は約1340万人が来日、10年前と比べ、その数は2倍以上。今年はすでに9月時点で約1450万人に達しており、注目を集めているのが訪日外国人をターゲットにした「インバウンド・ビジネス」だ。

■人気は日本ならではの商品

 最近はどの業界でも積極的にインバウンド対策に乗り出していて、小規模の小売店でも免税店化したり、英語・中国語など多言語に対応しようと、外国人スタッフを雇おうとする動きが目立つ。また、“日本ならでは”のサービスや商品をアピールしようとする動きも活発だ。「免税店サポートプラザ」代表の森山敬氏がこう言う。

「例えば、プリザーブドフラワーの専門店なんてものがあります。日本独自のものではありませんが、世界的に日本の技術力が脚光を浴びているそうです。プレゼント用に日本で購入し、自国に持ち帰る外国人が増えていると聞きます。また、文具店では“印鑑”が密かに人気を集めているそうです。繊細なタッチの篆刻が魅力的なのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る