「年末ジャンボ」宝くじ 当選確率が2倍になる買い方とは?

公開日:  更新日:

 今年最後の一獲千金のチャンス。25日、年末ジャンボが発売された。賞金は、1等前後賞合わせて史上最高額の10億円だから、夢は膨らむ一方だ。ただし、昨年度まで1ユニット100組だったのが今年は200組に増加するため、当せん確率は2分の1になってしまう。少しでも確率を上げるにはどうすればいいのか。

 宝くじ評論家の長利正弘氏は「当せん確率が2倍になる買い方は可能です」と断言する。

 2011年以降に全国規模で発売された宝くじのうち、組数が今回のように100組を超えているものは8回。これらの1等には特徴がある。

「それはズバリ『後半の数字の組を狙え!』ということです。例えば、13年11月21日の『レインボーくじ』は、01組から150組までで構成されていますが、1等の3本は『77組』『86組』『142組』でした。また、14年5月9日の『全国自治宝くじ発売60周年記念くじ』は140組まで発売され、この時の1等2本は『89組』と『139組』。過去の法則から、今年の年末ジャンボで1等を狙うのなら、後半の組である“101組から200組”のチョイスをおすすめします」(長利氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る