米国の珍事で話題 「拾ったお金で大儲け」は日本人にもいる

公開日: 更新日:

 拾ったお金で大金持ちに――。こんな珍事が米国で起きた。

 8月26日、米サンフランシスコ空港の外の道端で20ドル札(約2400円)を拾ったのは同空港で働くバーテンダーのヒューベルト・タンさん。このカネで宝くじを買ったところ、100万ドル(約1億2000万円)が当たったという。

 宝くじ評論家の山口旦訓氏によれば、同じような超ラッキーな人は過去、日本にも現れたそうだ。

「クリスマスプレゼントや忘年会の景品として1枚だけ宝くじをもらったとか、なけなしのお金で1枚買い、それが1等のウン億円になったという話はたくさんあります。当然、拾ったお金で宝くじを買い、1等を獲得した人もいるはずです。話題にならないのは拾ったお金は交番に届けなければならないので、当たった人がお金の出どころをしゃべらないためです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る