米国の珍事で話題 「拾ったお金で大儲け」は日本人にもいる

公開日: 更新日:

 拾ったお金で大金持ちに――。こんな珍事が米国で起きた。

 8月26日、米サンフランシスコ空港の外の道端で20ドル札(約2400円)を拾ったのは同空港で働くバーテンダーのヒューベルト・タンさん。このカネで宝くじを買ったところ、100万ドル(約1億2000万円)が当たったという。

 宝くじ評論家の山口旦訓氏によれば、同じような超ラッキーな人は過去、日本にも現れたそうだ。

「クリスマスプレゼントや忘年会の景品として1枚だけ宝くじをもらったとか、なけなしのお金で1枚買い、それが1等のウン億円になったという話はたくさんあります。当然、拾ったお金で宝くじを買い、1等を獲得した人もいるはずです。話題にならないのは拾ったお金は交番に届けなければならないので、当たった人がお金の出どころをしゃべらないためです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る