美しすぎるモスク<代々木上原>

公開日:  更新日:

 小田急線を日常的に使っているので、電車の窓から“頭のほう”が見える。上京以来20年近く、近隣に住んでいるので散歩でもよく前を通る。しかし、中に入るのは初めてである。日本最大規模を誇る「東京ジャーミィ」、ムスリムの礼拝堂(モスク)だ。

 ロシア領のカザンから日本に避難してきたトルコ人たちによって建設されたのが1938年。その後、2000年に今の形に建て直された。建築資材や調度品はトルコから運ばれたもので、建築にかかわったのもトルコの職人だという。

 オスマントルコ様式の建物は、言葉で何と表現していいかわからないくらい美しい。装飾品の数々は、もはや美術品。カリグラフィー(アラビア文字の書道)は、優雅に弧を描く蔓のよう。

 テラスに立てば、映画の主人公になったような気分。1階入り口付近にはトルコ人の民家の客間が再現されていて、旅行好きなのに最近その時間がない私は、ここで“脳内旅行”を楽しんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る