• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

美しすぎるモスク<代々木上原>

 小田急線を日常的に使っているので、電車の窓から“頭のほう”が見える。上京以来20年近く、近隣に住んでいるので散歩でもよく前を通る。しかし、中に入るのは初めてである。日本最大規模を誇る「東京ジャーミィ」、ムスリムの礼拝堂(モスク)だ。

 ロシア領のカザンから日本に避難してきたトルコ人たちによって建設されたのが1938年。その後、2000年に今の形に建て直された。建築資材や調度品はトルコから運ばれたもので、建築にかかわったのもトルコの職人だという。

 オスマントルコ様式の建物は、言葉で何と表現していいかわからないくらい美しい。装飾品の数々は、もはや美術品。カリグラフィー(アラビア文字の書道)は、優雅に弧を描く蔓のよう。

 テラスに立てば、映画の主人公になったような気分。1階入り口付近にはトルコ人の民家の客間が再現されていて、旅行好きなのに最近その時間がない私は、ここで“脳内旅行”を楽しんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る