美しすぎるモスク<代々木上原>

公開日:  更新日:

 小田急線を日常的に使っているので、電車の窓から“頭のほう”が見える。上京以来20年近く、近隣に住んでいるので散歩でもよく前を通る。しかし、中に入るのは初めてである。日本最大規模を誇る「東京ジャーミィ」、ムスリムの礼拝堂(モスク)だ。

 ロシア領のカザンから日本に避難してきたトルコ人たちによって建設されたのが1938年。その後、2000年に今の形に建て直された。建築資材や調度品はトルコから運ばれたもので、建築にかかわったのもトルコの職人だという。

 オスマントルコ様式の建物は、言葉で何と表現していいかわからないくらい美しい。装飾品の数々は、もはや美術品。カリグラフィー(アラビア文字の書道)は、優雅に弧を描く蔓のよう。

 テラスに立てば、映画の主人公になったような気分。1階入り口付近にはトルコ人の民家の客間が再現されていて、旅行好きなのに最近その時間がない私は、ここで“脳内旅行”を楽しんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る