例年よりすいてる?<箱根湯本>

公開日:  更新日:

「警戒レベル1」になったとニュースで知り、「そうだ、箱根があった」と思った。前日に出掛けた神奈川県伊勢原市の大山は、紅葉見物で人がいっぱい。山歩きで筋肉を酷使したため、全身筋肉痛。温泉で心身を癒やしたいと、すぐ箱根へ向かった。

「紅葉シーズンの箱根は、大混雑。ケーブルカーに乗るのに1時間待ち。しかも満員電車並みの混み具合」

 そう聞いていたが、多くの人は「まだ警戒レベルが高い」と思っているのかもしれない。箱根湯本からの登山電車も、すんなり乗れそうな気配だった。しかし、心身を癒やすことに焦点を置く私にとって、ここからバスで10分ほどの天山湯治郷が最初の目的地だ。決まった複数のホテルと駅を結ぶ専用バスなら片道100円で行ける。バスの待ち時間10分、湯治郷までの乗車時間10分、持参したボジョレ・ヌーボーを飲みながら、ぼんやり過ごした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る