例年よりすいてる?<箱根湯本>

公開日:  更新日:

「警戒レベル1」になったとニュースで知り、「そうだ、箱根があった」と思った。前日に出掛けた神奈川県伊勢原市の大山は、紅葉見物で人がいっぱい。山歩きで筋肉を酷使したため、全身筋肉痛。温泉で心身を癒やしたいと、すぐ箱根へ向かった。

「紅葉シーズンの箱根は、大混雑。ケーブルカーに乗るのに1時間待ち。しかも満員電車並みの混み具合」

 そう聞いていたが、多くの人は「まだ警戒レベルが高い」と思っているのかもしれない。箱根湯本からの登山電車も、すんなり乗れそうな気配だった。しかし、心身を癒やすことに焦点を置く私にとって、ここからバスで10分ほどの天山湯治郷が最初の目的地だ。決まった複数のホテルと駅を結ぶ専用バスなら片道100円で行ける。バスの待ち時間10分、湯治郷までの乗車時間10分、持参したボジョレ・ヌーボーを飲みながら、ぼんやり過ごした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る