マイナンバー時代の知恵 副業分の住民税は自分で納付する

公開日: 更新日:

 サラリーマンやOLにとって、気になるのが「副業は本当に会社バレするのか」ということだろう。「夜の銀座からホステスが一斉に消える」なんて指摘もあるが、実はそんなに恐れることはないのだ。

 会社バレする流れは、ざっと次の通りだ。

 ホステスなどの副業で得た収入で所得総額がアップ→給料から天引きされる(特別徴収)住民税額が多くなる→経理担当者に「怪しい」とにらまれる――。だが、ここには“抜け道”がある。「マイナンバー制度」に詳しい公認会計士の小澤善哉氏はこう解説する。

「まず、副業収入が年間20万円以内であれば申告の必要はなく、会社バレはまずありません(給与所得2000万円以下の場合)。それ以上の副業収入があった場合も、住民税額は配偶者控除や扶養控除、生命保険控除など人によってバラバラ。よほど副業収入が突出しているならともかく、いきなり会社バレという可能性は少ないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  5. 5

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  6. 6

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  7. 7

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  8. 8

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

  9. 9

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  10. 10

    沈黙を続ける竹内涼真 “乗り換え報道”についに反撃準備

もっと見る