悪名高き「マイナンバー」 “利点”はあるのか探してみると…

公開日:  更新日:

 成りすまし被害や数字で管理されることへの不安など、悪名高きマイナンバー。そこであえてメリットを探してみた。

 まず、(1)マイナンバーと金融機関のひも付けで住宅ローン審査の際に所得証明などの書類が不要になる。(2)パスポート取得の手続きも番号さえあれば発行してもらえる。

 18年4月をメドに(3)健康保険証としても代用できるが、病院の利用履歴が残るので、(4)医療費控除の際の領収書が不要。実際、17年の医療費控除申請から領収書の貼付がいらなくなる。また、(5)処方薬を薬局でもらう際、これまでは病院へ行って医師に処方箋を書いてもらっていたが、今後は毎回必要ではなくなるかもしれない。

(6)引っ越しの際、電気、ガス、水道、NHKに個別に住所変更を届けていたが、これも不要に。役所への転入届だけで済むことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る