食通は実践している 行列店の隣にこそ「隠れた名店」あり

公開日:  更新日:

「行列店の隣に隠れた名店あり」――これが飲食業界の常識になりそうだ。“黒船来襲”と騒がれた米国発のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が東京・江東区の清澄白河にオープンしたのは昨年2月。さすがに、1年前ほどの喧騒ではないものの、今も週末になると30分待ちの行列ができる。

 しかし、地元で「ブルーボトルよりもうまい」と話題になっている店がある。徒歩1分の「ARISE」だ。

「ブルーボトルは毎日焙煎した新鮮な豆をスタッフが1杯ずつハンドドリップする“こだわり製法”がウリ。でも個人的には、ドリップ技法はARISEの方が上手な気がするんです。値段も同じくらいだし並ばないので、私は断然、ARISE派です」(清澄白河在住のOL)

 取材に訪れた日刊ゲンダイ記者が店主の林大樹氏に薦められたのはドミニカ共和国産の「ワイニー・ナチュラル」という品種。1杯500円。ベリーみたいな甘い香りがフワッと鼻をくすぐり、爽やかな酸味が舌に広がる。ブラックのままグイグイ飲み干してしまった。ドリップ技法も熟達している印象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る