食通は実践している 行列店の隣にこそ「隠れた名店」あり

公開日: 更新日:

「行列店の隣に隠れた名店あり」――これが飲食業界の常識になりそうだ。“黒船来襲”と騒がれた米国発のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が東京・江東区の清澄白河にオープンしたのは昨年2月。さすがに、1年前ほどの喧騒ではないものの、今も週末になると30分待ちの行列ができる。

 しかし、地元で「ブルーボトルよりもうまい」と話題になっている店がある。徒歩1分の「ARISE」だ。

「ブルーボトルは毎日焙煎した新鮮な豆をスタッフが1杯ずつハンドドリップする“こだわり製法”がウリ。でも個人的には、ドリップ技法はARISEの方が上手な気がするんです。値段も同じくらいだし並ばないので、私は断然、ARISE派です」(清澄白河在住のOL)

 取材に訪れた日刊ゲンダイ記者が店主の林大樹氏に薦められたのはドミニカ共和国産の「ワイニー・ナチュラル」という品種。1杯500円。ベリーみたいな甘い香りがフワッと鼻をくすぐり、爽やかな酸味が舌に広がる。ブラックのままグイグイ飲み干してしまった。ドリップ技法も熟達している印象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る