作家吉永みち子氏プロデュース! 雑居ビルの小さな居酒屋「時・友・肴 ざくろ坂下」

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイの元競馬記者で、ノンフィクション作家の吉永みち子さんが、本業のかたわらで居酒屋を営んでいる。

「時・友・肴 ざくろ坂下」は品川駅前の雑居ビルでひっそりと営業している小さな飲み屋。13年に吉永さんが女友達3人と意気投合して開いた店で、旬の野菜を産直で仕入れるなど、こだわりの素材を使った手料理でもてなしてくれる。

 きっかけは東日本大震災の直後に行った支援活動だ。“ざくろ坂プロジェクト”と題して、品川で物産展を企画。販売する東北の人と、訪れる客が触れ合う姿を見て、店という場所が“人と人との接点”になると感じたという。

「最近はメールだけのコミュニケーションも多いけど、やっぱり人がリアルにつながるっていいなと、この時に思いました。それにはそういう“場”があることが大切。もともと、お酒が好きなので、だったら居酒屋をやってみようと思ったんです」(吉永さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る