作家吉永みち子氏プロデュース! 雑居ビルの小さな居酒屋「時・友・肴 ざくろ坂下」

公開日:  更新日:

 日刊ゲンダイの元競馬記者で、ノンフィクション作家の吉永みち子さんが、本業のかたわらで居酒屋を営んでいる。

「時・友・肴 ざくろ坂下」は品川駅前の雑居ビルでひっそりと営業している小さな飲み屋。13年に吉永さんが女友達3人と意気投合して開いた店で、旬の野菜を産直で仕入れるなど、こだわりの素材を使った手料理でもてなしてくれる。

 きっかけは東日本大震災の直後に行った支援活動だ。“ざくろ坂プロジェクト”と題して、品川で物産展を企画。販売する東北の人と、訪れる客が触れ合う姿を見て、店という場所が“人と人との接点”になると感じたという。

「最近はメールだけのコミュニケーションも多いけど、やっぱり人がリアルにつながるっていいなと、この時に思いました。それにはそういう“場”があることが大切。もともと、お酒が好きなので、だったら居酒屋をやってみようと思ったんです」(吉永さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る