【日立マクセル】穏やかな社風が災いして今が正念場

公開日: 更新日:

 カラオケの練習用として復活の兆しを見せているカセットテープ。

 これを日本で初めて製品化したのが同社だ。

 品質管理部門で働くAさん(52)は「年収は約600万円。同業他社に比べ給与は安いけど、仕事量からすればこんなものでしょう」と言ってこう続ける。

「上司の機嫌を損ねなければ年収はキープできます。ただ、福利厚生は年々悪くなる傾向がありますね。30年も前のコア技術に頼るところが大きく、転換を図るもずうたいが大きいのか、なかなかかじ取りがうまくいっていないようです」

 韓国サムスンの業績悪化で、リチウム電池の需要が減ったのも大きかった。昨年、40代以上の社員に対して早期退職を募集したところ、約160人の社員が応募している。

「バブル期には旅行券の支給があり、『マクセル会』という親睦会が有名人を呼んで納涼会も開かれていました。慰安旅行もあり、日立グループの保養所や独身寮も充実していましたね。今はその、のんびりした社風があだとなり、グループ間の統廃合が盛んにおこなわれるようになった。私も年齢的にそろそろ潮時かと思っているところです」と漏らすAさん。

 昨年、日立の子会社から再上場。「いい音しか残れない」というかつてのCMが皮肉にならないことを祈るばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る