【日立マクセル】穏やかな社風が災いして今が正念場

公開日: 更新日:

 カラオケの練習用として復活の兆しを見せているカセットテープ。

 これを日本で初めて製品化したのが同社だ。

 品質管理部門で働くAさん(52)は「年収は約600万円。同業他社に比べ給与は安いけど、仕事量からすればこんなものでしょう」と言ってこう続ける。

「上司の機嫌を損ねなければ年収はキープできます。ただ、福利厚生は年々悪くなる傾向がありますね。30年も前のコア技術に頼るところが大きく、転換を図るもずうたいが大きいのか、なかなかかじ取りがうまくいっていないようです」

 韓国サムスンの業績悪化で、リチウム電池の需要が減ったのも大きかった。昨年、40代以上の社員に対して早期退職を募集したところ、約160人の社員が応募している。

「バブル期には旅行券の支給があり、『マクセル会』という親睦会が有名人を呼んで納涼会も開かれていました。慰安旅行もあり、日立グループの保養所や独身寮も充実していましたね。今はその、のんびりした社風があだとなり、グループ間の統廃合が盛んにおこなわれるようになった。私も年齢的にそろそろ潮時かと思っているところです」と漏らすAさん。

 昨年、日立の子会社から再上場。「いい音しか残れない」というかつてのCMが皮肉にならないことを祈るばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る