• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【日立マクセル】穏やかな社風が災いして今が正念場

 カラオケの練習用として復活の兆しを見せているカセットテープ。

 これを日本で初めて製品化したのが同社だ。

 品質管理部門で働くAさん(52)は「年収は約600万円。同業他社に比べ給与は安いけど、仕事量からすればこんなものでしょう」と言ってこう続ける。

「上司の機嫌を損ねなければ年収はキープできます。ただ、福利厚生は年々悪くなる傾向がありますね。30年も前のコア技術に頼るところが大きく、転換を図るもずうたいが大きいのか、なかなかかじ取りがうまくいっていないようです」

 韓国サムスンの業績悪化で、リチウム電池の需要が減ったのも大きかった。昨年、40代以上の社員に対して早期退職を募集したところ、約160人の社員が応募している。

「バブル期には旅行券の支給があり、『マクセル会』という親睦会が有名人を呼んで納涼会も開かれていました。慰安旅行もあり、日立グループの保養所や独身寮も充実していましたね。今はその、のんびりした社風があだとなり、グループ間の統廃合が盛んにおこなわれるようになった。私も年齢的にそろそろ潮時かと思っているところです」と漏らすAさん。

 昨年、日立の子会社から再上場。「いい音しか残れない」というかつてのCMが皮肉にならないことを祈るばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る