サバンナ高橋絶賛! 肉のうまさを引き出す「レストランカタヤマ」

公開日:  更新日:

 人気お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(40)が通うのは、肉のおいしさに定評のある洋食店「レストランカタヤマ」。

 場所は東武伊勢崎線の東向島駅から歩いて10分ほど。アクセスは決して良くないが、それでも客足は絶えることなく、昼どきになるとすぐに満席になるほどの賑わいだ。

 最大の魅力はおいしい肉をリーズナブルに味わえること。その秘密は“駄敏丁カット”という独自の調理法にある。これは入り組んだ肉のスジと脂をしっかり除去できるという画期的な調理法で、創業者が6年もの歳月をかけて開発し、特許も取得。この技術により、通常はステーキに用いられることの少ない“らんいち”と呼ばれる部位を、おいしいステーキ肉に仕上げることに成功している。

「らんいちは牛の腰からモモにかけての赤身で、よく動かす部位だけに栄養がとても豊富です。ロースなどと比べて低価格で提供できるのも、らんいちのいいところ。軟らかいお肉をお腹いっぱい味わっていただきたいですね!」(スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る