野良猫への「エサやり規制」は根絶ではなく共生を目指す

公開日: 更新日:

 先月、和歌山県議会で動物愛護管理条例の改正案が可決された。施行後は、一定の条件を満たさない野良猫へのエサやりが禁止となる。違反して、是正指導に応じない場合は5万円以下の過料が科せられるのだ。

 野良猫に悩む自治体は少なくないし、同じような条例があちこちで制定される可能性は大だ。愛猫家は気が気ではないだろうが、当初の改正案は、野良猫へのエサやりを全面的に禁止する内容だった。これに批判が殺到。県が募集したパブリックコメントには、「(和歌山電鉄貴志駅の看板猫の)たま駅長が亡くなった途端、恩をあだで返すのか」「野良猫を餓死や衰弱死させるのか」といった意見が寄せられた。

 そこで県は条例案を見直し、不妊去勢手術、排泄物処理、周辺住民の理解を得るといったルールに反したエサやりに限って禁止としたという。

「最終的な条例の内容は、エサやりの“禁止”ではなく“規制”です。改正の目的は、あくまでも野良猫の繁殖過多の防止。そのため今回は、地域住民の理解を得たボランティアなどが“地域猫対策”を行う際、その計画を知事が認定し助成する制度も新設しました」(和歌山県食品・生活衛生課の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る