野良猫への「エサやり規制」は根絶ではなく共生を目指す

公開日: 更新日:

 先月、和歌山県議会で動物愛護管理条例の改正案が可決された。施行後は、一定の条件を満たさない野良猫へのエサやりが禁止となる。違反して、是正指導に応じない場合は5万円以下の過料が科せられるのだ。

 野良猫に悩む自治体は少なくないし、同じような条例があちこちで制定される可能性は大だ。愛猫家は気が気ではないだろうが、当初の改正案は、野良猫へのエサやりを全面的に禁止する内容だった。これに批判が殺到。県が募集したパブリックコメントには、「(和歌山電鉄貴志駅の看板猫の)たま駅長が亡くなった途端、恩をあだで返すのか」「野良猫を餓死や衰弱死させるのか」といった意見が寄せられた。

 そこで県は条例案を見直し、不妊去勢手術、排泄物処理、周辺住民の理解を得るといったルールに反したエサやりに限って禁止としたという。

「最終的な条例の内容は、エサやりの“禁止”ではなく“規制”です。改正の目的は、あくまでも野良猫の繁殖過多の防止。そのため今回は、地域住民の理解を得たボランティアなどが“地域猫対策”を行う際、その計画を知事が認定し助成する制度も新設しました」(和歌山県食品・生活衛生課の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る