野良猫への「エサやり規制」は根絶ではなく共生を目指す

公開日:  更新日:

 先月、和歌山県議会で動物愛護管理条例の改正案が可決された。施行後は、一定の条件を満たさない野良猫へのエサやりが禁止となる。違反して、是正指導に応じない場合は5万円以下の過料が科せられるのだ。

 野良猫に悩む自治体は少なくないし、同じような条例があちこちで制定される可能性は大だ。愛猫家は気が気ではないだろうが、当初の改正案は、野良猫へのエサやりを全面的に禁止する内容だった。これに批判が殺到。県が募集したパブリックコメントには、「(和歌山電鉄貴志駅の看板猫の)たま駅長が亡くなった途端、恩をあだで返すのか」「野良猫を餓死や衰弱死させるのか」といった意見が寄せられた。

 そこで県は条例案を見直し、不妊去勢手術、排泄物処理、周辺住民の理解を得るといったルールに反したエサやりに限って禁止としたという。

「最終的な条例の内容は、エサやりの“禁止”ではなく“規制”です。改正の目的は、あくまでも野良猫の繁殖過多の防止。そのため今回は、地域住民の理解を得たボランティアなどが“地域猫対策”を行う際、その計画を知事が認定し助成する制度も新設しました」(和歌山県食品・生活衛生課の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る