• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全国各地で被害者またぞろ続出 「押し売り」を撃退する

「振り込め詐欺」「金融商品詐欺」の被害ばかりが目立つが、その裏ではかつて「押し売り」と言われた「強制販売」の被害者が全国各地で増えているという。気力、体力に劣るシニアはどう対応すればいいのか?
「自宅ローンも残っているのに1800万円のワンルームマンションを買わされた。老後の蓄えも少ないのに――。夫婦間もギクシャクして離婚話も飛び出しているようです」

 こう嘆くのは強引商法の被害に遭った友人を持つ吉田純一さん(仮名、62歳)だ。

 いきさつはこうだ。土曜日の午後、吉田さんの友人宅の電話が鳴った。友人が電話に出ると愛想のいい声で「△不動産ですが、投資目的でワンルームマンションを購入しませんか?」「家賃収入でマンションの毎月の支払いはまかなえます。2万円ほど利益も出ますよ」とセールストークを始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る