全国各地で被害者またぞろ続出 「押し売り」を撃退する

公開日:  更新日:

「振り込め詐欺」「金融商品詐欺」の被害ばかりが目立つが、その裏ではかつて「押し売り」と言われた「強制販売」の被害者が全国各地で増えているという。気力、体力に劣るシニアはどう対応すればいいのか?
「自宅ローンも残っているのに1800万円のワンルームマンションを買わされた。老後の蓄えも少ないのに――。夫婦間もギクシャクして離婚話も飛び出しているようです」

 こう嘆くのは強引商法の被害に遭った友人を持つ吉田純一さん(仮名、62歳)だ。

 いきさつはこうだ。土曜日の午後、吉田さんの友人宅の電話が鳴った。友人が電話に出ると愛想のいい声で「△不動産ですが、投資目的でワンルームマンションを購入しませんか?」「家賃収入でマンションの毎月の支払いはまかなえます。2万円ほど利益も出ますよ」とセールストークを始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る