狭い視野は致命傷 男50歳“嫉妬の呪縛”からはこう逃れる

公開日:  更新日:

「メディア対応をオレに一本化すれば、オレの存在感が増す。そうやってタイミングをうかがいながら、チャンスを見てあいつに恥をかかせてやるんだ……」

 台湾企業の傘下に入ったシャープ崩壊の裏に、すでに退任した幹部の嫉妬が絡んでいたといわれている。内向きな権力闘争に明け暮れ、組織を瓦解させた根っこに、男の嫉妬があったという見方だ。だれしも少なからず嫉妬がある。それが色濃く出てしまうのが、役員に届くかどうかの分岐点を迎える50歳のころ。男50歳の嫉妬はちょっと厄介だ。

 伊藤さん(52)は「50歳になったころから、人事異動のニュースに触れるのが嫌になり、1面で報じられるような大企業の社長若返りなどの話はともかく、細かな異動欄は見なくなりました」と苦笑いする。

「見ず知らずの人のことなのに、『40代の新社長』を目にすると、ワケもなく気持ちがザワザワするようになって嫌になったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る