• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「テング ビーフステーキジャーキー」人気復活の舞台ウラ

 かつてハワイ土産の定番としてヒットを飛ばし、日本でも売れ筋のおつまみとして販路を広げたしょうゆ味のビーフジャーキー「テング ビーフステーキジャーキー」が再ブレーク。第2次成長期に突入だ。

 独自のしょうゆに漬けた牛の赤身ももステーキ肉を乾燥製造。凝縮されたうま味と甘味。さらには硬い噛みごたえも特徴で、いつまでも噛んでいられるおいしさが人気の理由だ。現在はその味づくりを鈴商が引き継ぎ、日本国内とウルグアイ(一部商品)で生産。赤身肉ブームも追い風に、売り上げを伸ばしている。

 生みの親は日系2世のケン大崎氏。戦後の米ロサンゼルスで父の豆腐屋を継ぎながらテング社を創設した大崎氏は、1970年代半ば、しょうゆ味の「テング ビーフステーキジャーキー」をつくりだした。その味は日系人社会で大評判となり、日本人旅行者向けの土産品としても人気に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る