• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「テング ビーフステーキジャーキー」人気復活の舞台ウラ

 かつてハワイ土産の定番としてヒットを飛ばし、日本でも売れ筋のおつまみとして販路を広げたしょうゆ味のビーフジャーキー「テング ビーフステーキジャーキー」が再ブレーク。第2次成長期に突入だ。

 独自のしょうゆに漬けた牛の赤身ももステーキ肉を乾燥製造。凝縮されたうま味と甘味。さらには硬い噛みごたえも特徴で、いつまでも噛んでいられるおいしさが人気の理由だ。現在はその味づくりを鈴商が引き継ぎ、日本国内とウルグアイ(一部商品)で生産。赤身肉ブームも追い風に、売り上げを伸ばしている。

 生みの親は日系2世のケン大崎氏。戦後の米ロサンゼルスで父の豆腐屋を継ぎながらテング社を創設した大崎氏は、1970年代半ば、しょうゆ味の「テング ビーフステーキジャーキー」をつくりだした。その味は日系人社会で大評判となり、日本人旅行者向けの土産品としても人気に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る