「テング ビーフステーキジャーキー」人気復活の舞台ウラ

公開日:  更新日:

 かつてハワイ土産の定番としてヒットを飛ばし、日本でも売れ筋のおつまみとして販路を広げたしょうゆ味のビーフジャーキー「テング ビーフステーキジャーキー」が再ブレーク。第2次成長期に突入だ。

 独自のしょうゆに漬けた牛の赤身ももステーキ肉を乾燥製造。凝縮されたうま味と甘味。さらには硬い噛みごたえも特徴で、いつまでも噛んでいられるおいしさが人気の理由だ。現在はその味づくりを鈴商が引き継ぎ、日本国内とウルグアイ(一部商品)で生産。赤身肉ブームも追い風に、売り上げを伸ばしている。

 生みの親は日系2世のケン大崎氏。戦後の米ロサンゼルスで父の豆腐屋を継ぎながらテング社を創設した大崎氏は、1970年代半ば、しょうゆ味の「テング ビーフステーキジャーキー」をつくりだした。その味は日系人社会で大評判となり、日本人旅行者向けの土産品としても人気に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る