夏もスーツなら必読 あなたの「汗対策」は間違いだらけ

公開日:  更新日:

 ノースリーブにミニスカート、サンダルの涼しげな女たちを尻目に、男は真夏もスーツにネクタイ……。だらだら流れる汗で、体が痒くなってくる。これ、どうすればいい?

 気象庁の発表によれば、今夏は猛暑日が多くなるという。暑さによる体のトラブルは熱中症が代表的だが、汗による肌トラブルも深刻だ。

「最高気温が25度を超えて汗をかくようになると、汗による痒みを訴える患者さんが増えます」

 こう話す「よしき皮膚科クリニック銀座」の吉木伸子院長によれば、本人が「汗対策」を講じているのに、役立っていないケースがほとんどだという。

 50歳のAさんは、汗っかきなので汗臭くならないように毎日念入りにボディーソープで体を洗っていた。特にスポーツジムで汗を多量にかいた時などは、より念入りに洗っていた。夏、背広を着て歩いているうちに、汗をかいた首の部分が赤く痒くなり、次第にひどくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る