夏もスーツなら必読 あなたの「汗対策」は間違いだらけ

公開日: 更新日:

 ノースリーブにミニスカート、サンダルの涼しげな女たちを尻目に、男は真夏もスーツにネクタイ……。だらだら流れる汗で、体が痒くなってくる。これ、どうすればいい?

 気象庁の発表によれば、今夏は猛暑日が多くなるという。暑さによる体のトラブルは熱中症が代表的だが、汗による肌トラブルも深刻だ。

「最高気温が25度を超えて汗をかくようになると、汗による痒みを訴える患者さんが増えます」

 こう話す「よしき皮膚科クリニック銀座」の吉木伸子院長によれば、本人が「汗対策」を講じているのに、役立っていないケースがほとんどだという。

 50歳のAさんは、汗っかきなので汗臭くならないように毎日念入りにボディーソープで体を洗っていた。特にスポーツジムで汗を多量にかいた時などは、より念入りに洗っていた。夏、背広を着て歩いているうちに、汗をかいた首の部分が赤く痒くなり、次第にひどくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る