夏もスーツなら必読 あなたの「汗対策」は間違いだらけ

公開日:  更新日:

 ノースリーブにミニスカート、サンダルの涼しげな女たちを尻目に、男は真夏もスーツにネクタイ……。だらだら流れる汗で、体が痒くなってくる。これ、どうすればいい?

 気象庁の発表によれば、今夏は猛暑日が多くなるという。暑さによる体のトラブルは熱中症が代表的だが、汗による肌トラブルも深刻だ。

「最高気温が25度を超えて汗をかくようになると、汗による痒みを訴える患者さんが増えます」

 こう話す「よしき皮膚科クリニック銀座」の吉木伸子院長によれば、本人が「汗対策」を講じているのに、役立っていないケースがほとんどだという。

 50歳のAさんは、汗っかきなので汗臭くならないように毎日念入りにボディーソープで体を洗っていた。特にスポーツジムで汗を多量にかいた時などは、より念入りに洗っていた。夏、背広を着て歩いているうちに、汗をかいた首の部分が赤く痒くなり、次第にひどくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る