夏もスーツなら必読 あなたの「汗対策」は間違いだらけ

公開日: 更新日:

 ノースリーブにミニスカート、サンダルの涼しげな女たちを尻目に、男は真夏もスーツにネクタイ……。だらだら流れる汗で、体が痒くなってくる。これ、どうすればいい?

 気象庁の発表によれば、今夏は猛暑日が多くなるという。暑さによる体のトラブルは熱中症が代表的だが、汗による肌トラブルも深刻だ。

「最高気温が25度を超えて汗をかくようになると、汗による痒みを訴える患者さんが増えます」

 こう話す「よしき皮膚科クリニック銀座」の吉木伸子院長によれば、本人が「汗対策」を講じているのに、役立っていないケースがほとんどだという。

 50歳のAさんは、汗っかきなので汗臭くならないように毎日念入りにボディーソープで体を洗っていた。特にスポーツジムで汗を多量にかいた時などは、より念入りに洗っていた。夏、背広を着て歩いているうちに、汗をかいた首の部分が赤く痒くなり、次第にひどくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る