“生”で約2カ月OK あなたの知らない「卵の基礎知識」

公開日: 更新日:

 夏は食べ物が傷みやすい時季だが、「食の安全期限」について正しく認識している人は少ない。毎日食べている卵からしてそうだ。そもそも冷蔵庫のどこに保存しているだろうか。もし、冷蔵庫の扉にある「卵を保管する穴」なら、無駄に卵を劣化させている可能性がある。

「卵の賞味期限は『生食』で可能な期限を示しています。ただし実験では、10度以下の保存で57日間生食可能という結果がある。冷蔵庫の平均温度は7~8度なので、その温度を保つなら約2カ月間は生で食べられます」(横浜創英大学名誉教授・則岡孝子氏)

 常温で採取・流通されることを踏まえ、27度で行った保存実験によると生食可能は「17日」と出た。それが賞味期限の基準になっているが、実際はそれ以上もOKの可能性が高い。しかし、そのためには適切な保管が必要。「卵を保管する穴」は、扉の開け閉めによる振動や温度変化が悪影響を与えるのでNG。パックのまま冷蔵庫の奥にしまうのがベストだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る