3~4割は当たり前 リフォーム商品の「割引率」はなぜ高い

公開日: 更新日:

 住宅ローンだけでなくリフォームローンの金利も下落傾向の昨今。「この際だから」と、住まいの手直しを考えている人も多いだろう。

 いつも思うのがリフォーム商品の割引率の高さ。バス、トイレ、キッチン、どのメーカーの商品も3~4割引きは当たり前。中には5割、6割引きなんて見積もりもある。どうしてこんなに安くできるのか?

 リフォーム事情に詳しい住宅診断士の山見陽一氏(さくら事務所)によれば、「前提として、メーカーの定価に対し、リフォーム業者の仕入れ価格がかなり低いというのがあるのですが、割引率はメーカーとの付き合いの深さや仕入れ数などにより違う」という。一般的に、人気があり数多く出回っている低価格商品ほど、割り引ける率は高くなるそうだ。

「リフォーム時に大幅に割り引く慣習は昔からで、お客さまもよく知っています。中には“他の業者は5割引いてくれたわよ”などと、値引き交渉の材料に持ち出すほど」(山見氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  6. 6

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  7. 7

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  8. 8

    全米が称賛! イジメに気づいた幼稚園の先生が取った行動

  9. 9

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  10. 10

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

もっと見る