• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脱“社員一律”でメリット増す サマータイム成功企業の工夫

 2020年の東京オリンピックで、暑さ対策からサマータイムを導入しようという議論がある。大会期間中の7月24日~8月9日(パラリンピックは8月25日~9月6日)は連日の猛暑が予想されるため、選手の負担を考え、時計を2時間早めようという動きだ。

 昔から早起きは三文の徳とされ、鳥のさえずりを目覚まし代わりに、お日さまと一緒に起床するのは精神衛生上もいいように思える。

 実は、このサマータイム(朝型勤務)は、東日本大震災後の節電意識なども追い風にして大手企業を中心に続々導入されてきた。キヤノンやカルビー、森永乳業も2011年からスタート。おおむね出社時間を1時間早めることで、朝8時から働いて午後4時台には愛妻の待つ自宅へ帰れるのだ。社員の多くも、「通勤がラクになった」「仕事と家庭の両立ができた」と好意的な声が多く聞かれたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る