脱“社員一律”でメリット増す サマータイム成功企業の工夫

公開日:  更新日:

 2020年の東京オリンピックで、暑さ対策からサマータイムを導入しようという議論がある。大会期間中の7月24日~8月9日(パラリンピックは8月25日~9月6日)は連日の猛暑が予想されるため、選手の負担を考え、時計を2時間早めようという動きだ。

 昔から早起きは三文の徳とされ、鳥のさえずりを目覚まし代わりに、お日さまと一緒に起床するのは精神衛生上もいいように思える。

 実は、このサマータイム(朝型勤務)は、東日本大震災後の節電意識なども追い風にして大手企業を中心に続々導入されてきた。キヤノンやカルビー、森永乳業も2011年からスタート。おおむね出社時間を1時間早めることで、朝8時から働いて午後4時台には愛妻の待つ自宅へ帰れるのだ。社員の多くも、「通勤がラクになった」「仕事と家庭の両立ができた」と好意的な声が多く聞かれたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る