相手を落とすなら「質問力」 こんなシーンではどう使う?

公開日: 更新日:

 夏休みも終わり、今年度も折り返し地点に差し掛かった。営業成績がいまひとつのサラリーマンは、「質問力」で巻き返したい。10万人のビジネスパーソンを指導してきた話し方のプロは、「冗舌な営業マンより、質問ができる営業マンが結果を出している」と言う。「人を動かしてしまう すごい質問力」の著者で櫻井弘話し方研究所の櫻井弘代表に、ビジネス場面で成功する質問のコツを聞いた。

「ビジネスの最終目的は、相手を説得することです。ただ多くの人が誤解していると思いますが、説得とは相手を言いくるめることではありません。自発的にその気になるように働きかけること。その際のポイントになるのが質問なのです。質問とは、聞き手の“質”が“問”われる行為。以前、あるコンサルタントに『櫻井さんの話し方の持ち味ってなんですか?』と聞かれたことがあります。“なんだろう”と考えだしたとき、すかさず彼は『私は、掴みだと思うんです』と自説を述べ始めた。自分の考えを最初に言われると、人は『君に言われたくない』と反発したくなるものです。質問でワンクッション入れることで、『言われてみれば――』と相手の考えを受け入れる態勢が自然とできるんです。彼はそのやり方で成果を出していましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る