「生体認証」エラーにイライラ…いったい何が原因なのか

公開日: 更新日:

 ケータイの指紋認証、銀行の静脈認証、マンションの入り口の顔認証など、さまざまなセキュリティーに生体認証が使われるケースが増えている。ところが、本人なのに反応せず、イライラしたことがある人は少なくないだろう。一体、何がいけないのか。

 指紋認証・顔認証のパイオニア、NECによると、化学薬品で指紋が薄れると読み取りにくくなるという。

「医師や美容師さんなど薬品を扱う方は指紋が薄れてしまいがちです。利き手の人さし指、親指などはそのリスクが高い。概して右手の人さし指を登録されますが、そのリスクを防ぐには指紋の薄れにくい指を登録するといい。また、水分(汗)、油分(脂)、乾燥などがあると読み取りにくくなるので、手のケアをしておいた方がトラブルを回避しやすいです」(NEC広報部)

 手のひらの静脈認証はどうか。トップシェアを誇る富士通によると、「静脈認証は、静脈の中の赤血球が近赤外線を吸収して黒く写ります。子供から成長したり、加齢で変化しても静脈のパターンは変わりません。指先だけだと、寒暖の影響を受けやすくなりますが、手のひらなら、血液が流れていれば基本的には問題ありません」(富士通広報部)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  9. 9

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る