「生体認証」エラーにイライラ…いったい何が原因なのか

公開日:  更新日:

 ケータイの指紋認証、銀行の静脈認証、マンションの入り口の顔認証など、さまざまなセキュリティーに生体認証が使われるケースが増えている。ところが、本人なのに反応せず、イライラしたことがある人は少なくないだろう。一体、何がいけないのか。

 指紋認証・顔認証のパイオニア、NECによると、化学薬品で指紋が薄れると読み取りにくくなるという。

「医師や美容師さんなど薬品を扱う方は指紋が薄れてしまいがちです。利き手の人さし指、親指などはそのリスクが高い。概して右手の人さし指を登録されますが、そのリスクを防ぐには指紋の薄れにくい指を登録するといい。また、水分(汗)、油分(脂)、乾燥などがあると読み取りにくくなるので、手のケアをしておいた方がトラブルを回避しやすいです」(NEC広報部)

 手のひらの静脈認証はどうか。トップシェアを誇る富士通によると、「静脈認証は、静脈の中の赤血球が近赤外線を吸収して黒く写ります。子供から成長したり、加齢で変化しても静脈のパターンは変わりません。指先だけだと、寒暖の影響を受けやすくなりますが、手のひらなら、血液が流れていれば基本的には問題ありません」(富士通広報部)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る