日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あらゆるモノがネットにつながる“IoT”はなぜ危ないのか

 パソコンやスマホはもちろん、プリンターやゲーム機、テレビなど何でもネットに接続できる時代だ。とても便利だが、半面、ネットにつながった端末が丸ごとイタズラされかねなくなるという。トレンドマイクロのシニアスペシャリスト森本純氏が言う。

「家庭のホームネットワークが外のネットワークにつながる出入り口になるのがルーターで、悪い連中がネットワークに侵入すると、ルーターをターゲットに攻撃を仕掛けます。利用者は、気づかないうちに不正サイトに誘導されたり、通信を盗聴されたりして不利益を被る恐れがあるのです」

 パソコンでウィンドウズを使っている人なら、セキュリティーの穴が見つかると、ウィンドウズアップデートと呼ばれる更新プログラムが用意されている。ルーターにも、同じような穴を塞ぐ更新プログラムが随時提供されるが、最初の煩わしさから“放置プレー”で穴だらけになっているケースがある。悪質な業者はその穴を突く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事